施設長あいさつ

住み慣れた地域で安心して暮らせるための
医療・介護をすすめます

医療法人 十勝勤労者医療協会 
老人保健施設 ケアセンター白樺 施設長
小倉 浩夫

 老人保健施設ケアセンター白樺は、1998年、地域の友の会の皆様から寄せられた資金で開設されました。2000年の介護保険制度施行により、要介護高齢者のリハビリテーション、在宅生活支援の拠点施設に位置づけられています。

 ケアセンター白樺は、介護が必要な高齢者が自宅に帰ることができるよう、医学的な管理のもとで、看護・介護の専門的ケアや理学療法士・作業療法士等によるリハビリテーション、栄養管理・食事・入浴などを総合的に提供する入所施設です。
また、通所系サービスとして、自宅生活をされている要介護高齢者の身体機能維持改善(デイケア)、自宅でのリハビリテーション(訪問リハビリ)、ご家族の旅行や休養のための短期入所(ショートステイ)、在宅介護の総合相談など、高齢者・ご家族を支える機能を持った施設です。

 私たちは「無差別・平等の医療・介護」の実践を目標に掲げる全日本民主医療機関連合会(民医連)に加盟しています。地域の医療機関、介護事業所、行政機関等と連携しながら、介護が必要な高齢者が住み慣れた地域で安心して住み続けられる街づくりをめざして、医療・介護・社会保障制度改善のとりくみを地域の皆様と力を合わせてすすめています。

老人保健施設 ケアセンター白樺 施設長
小倉 浩夫